イライラする人ってどんな人?自分がイライラしたときのいい方法もありますよ

アンちゃん
いつもイライラする人っているけどなんでイライラしてるんだろう?
自分がイライラしたときどうしたらいいんだろう?
 
そんな疑問におこたえします。
 
 
 
 
☆この記事の内容☆
  • すぐにイライラしてしまう人の特徴
  • 自分がイライラしたとき周りにイライラをぶつけない方法
 
 
 
身近にすぐにイライラする人がいたらちょっと困りますよね。いつ怒るかと思うとあんまり近寄りたくもなくなってしまいます。
 
 
そんなちょっと怒りんぼさんの特徴と、もし自分もイライラしてしまった時に周りにまき散らさない良い方法があるので紹介します。
 
 
 
 

なんですぐにイライラするんだろう?

怒りっぽくなってしまう身体的・精神的な病気もあります。病気についてはこの記事では触れません。

病気以外で、すぐにイライラしてしまう人はどんな特徴があるのでしょうか?

自分の中の○○するべきが強い

○○するべきってどういうこと?と思いますよね。

 

例えば、Aさんが朝会社に出勤して後輩に「おはよう」って挨拶をします。でもその後輩は挨拶をしませんでした。Aさんはイラっとしました。

 

人が(しかも先輩)挨拶してるんやから【挨拶するべき】やろ。と思っているからイラっとしたんです。

 

自分だけのべきをひとはたくさん持っているので、そのべきの通りにならなかったら怒りにつながるんです。

 

だから人の怒りに理解できないことが多いんですね。

 

そんなことで怒る?!って人いませんか?

それはその人の○○するべきだって思っていることに反することだったから怒っているんです。どうすることもできないので見守りましょう。

 

 

許容範囲が狭い

べきをいっぱい持っている人とも言い換えられます。

 

 

自分の中で決まった良し悪し、常識があって、それに当てはめて悪いと思ったら怒りにつながります。

悪いと思っている範囲があまりに広いとすぐにイライラしてしまうんです。

 

 

育ってきた環境で許せる範囲は変わってくるので、これも他人にはどうすることもできませんね。

罪悪感や不安・心配などネガティブな感情が強い

怒りは第二次感情だと言われています。

 

例えば、子どもが火のついたコンロに手を伸ばそうとしたら怒りますよね?(そこは怒ってほしい!(笑))

 

 

この怒りってどうしてだと思いますか?

 

 

子どもが危ない、子どもを守りたい、心配しているという感情があるから怒ってしまうんです。怒りが先ではなくて、子どもを大事にしたいっていう優しい気持ちから怒りになっている例です。

 

 

いつもイライラしてていやだなーって思っている人の中にも、他人のことを心配したり大事にしたいっていう優しい気持ちをもっている人もいるってことです。

 

 

逆に、何かを隠そうと嘘をついていて、ばれそうだから「やばい、ばれたら○○になるかも!」っていう不安とか、罪悪感とかそういうもがあってイライラしている人もいます。

 

 

イライラしている人の隠された感情を考えてみると、対応も変わるかもしれませんね!

体調がすぐれない

寝不足とか、風邪気味とかの体調不良の時もイライラしやすくなります。

 

 

体調が悪いとどうしても心も体も余裕がなくなります。余裕のないときに何かささいなことがあって、しんどいのに自分がどうにかしないといけなくなったりすると怒りにつながってしましますよね。

 

 

理想は自分がなんとかすることなんですが、体調不良のが原因でうまくできない。そこで怒りが発生してしまうんです。

 

 

体調が悪くてイライラしている人がいれば、休養をとることを勧めてあげてください。

休んでていいよなんて言えない人なら、そっとしておきましょう。

 

 

 

イライラとさよならできる方法

アンちゃん
自分がイライラしたときの対処法があれば知りたい!
 
イライラする人の特徴でもあげたように、イライラは自分の中にあるので、どんな状況でも、ある程度自分でコントロールすることはできます
 
 
 
イライラを感じたときに一番最初にやってみて欲しいことがあるんです!

魔法の言葉を唱える

アンちゃん
(うさんくせえ・・・)
 
 
って思ったでしょ?
 
 
魔法でにこにこになります~、なんてことじゃないんですよ。自分で決める魔法の言葉です。
 
 
 
なんでもいいんですが、自分の好きな物、好きな言葉とかが私はちょっぴり幸せ気分にもなるのでおすすめです。
 
 
 
私は焼肉が好きなんですが、もしイライラしてるなーって思った時は、実際声を出してもいい状況なら声を出して、「焼肉、焼肉、炭火焼肉・・・」と唱えます。
 
 
 
イライラした出来事に頭の中から出ていってもらうんです。もう私の頭の中は良い感じに焼けた焼肉にたれをつけて、大好きな焼肉を味わっている映像しかありません(笑)
 
 
 
デメリットとしてはお腹が空いてしまうってことなんですけど。イライラして人にぶつけてしまうよりはずっといいですよね!
 
 
 
好きなアーティストの曲を歌ってみるとか、尊敬している人の言葉とかなんでもいいので自分の魔法の言葉を決めてイライラしたときに試してみてください。
 
 
ひとつだとあきちゃうかもなので、何個か用意してぐるぐる使いまわすのもいいですよ。

数を数えてみる!?

言葉以外にも、数を数えてみるという方法もあります。

 

 

100-3=97、97-3=94・・・のように少し考える程度の計算を入れて数を数えていくんです。

 

 

そうすることで計算と数を数えることに集中しますよね?イライラしたことから意識をそらすことができるので、魔法の言葉よりもこっちのがいいかなと思ったらお試しください。

 

 

私は数字が好きじゃないから、計算がうまくできなくて逆にイライラしそうなのでこれはやりません(笑)

 

 

瞑想してみる!

瞑想とは

冥想とは、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。

ウィキペディアより引用

 

急に目の前で瞑想されるとちょっと気持ちがられるかもしれないですが、イライラしだしたら心の中を真っ白にしてみるのも一つの方法。

 

 

これは結構難しいんじゃない?って思います。瞑想得意な人はやってみてください。

 

瞑想得意な時点でイライラなんてしないかもですが。深呼吸もプラスしてみるとさらに効果は抜群です!

 

まとめ

いつもイライラしている人の特徴をみると、イライラは自分の中にあるんじゃないか?と思いませんでしたか。

 

 

なのでイライラした人をどうにかすることはなかなか難しいんですが、自分のイライラには対処の仕方があります。

 

 

まずイライラした人には近づかなくてもいいなら近づかない。(怖いですし(;^ω^))

自分がイライラしたときは

  • 魔法の言葉を唱える
  • 数を数えてみる
  • 瞑想してみる

 

を試してみる。

 

 

そうやってイライラとうまく付き合ってくださいね!イライラが少なくなれば笑顔が増えます!笑顔が増えれば幸せがやってくると私は思っています。

 

 

イライラのコントロール、一緒にはじめていきましょ!

 

最後まで読んでくださってありがとうございました(*´ω`*)

最新情報をチェックしよう!