トイレトレーニングはいつから?進め方と気をつけたポイント。

  • 2019年10月10日
  • 2020年2月1日
  • 育児
  • 58view
  • 0件

こんばんは、ほくとです。

 

覗きに来て下さって、ありがとうございます😊

 

子供のトイレトレーニングはいつから始めようと思いますか?

 

自分が言い出すまで放っておいたらいいとか、座れるようになったら、はじめたら良いとか色々言われて実際悩みました。

 

早すぎて失敗に終わったこともありましたが、タイミングが合ったのか、あっさりと外すことが出来ました。

 

どんなタイミングで、どういう風に進めたのか、1つの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

結論

 

  • だいたいの意思疎通がはかれるようになった2歳半
  • 出来れば暖かい時期が良い
  • トイレトレーニングをはじめたらオムツをはかせない
  • 夜はオムツが濡れない日が続いてから
  • 上手くいったらとにかく褒める!
  • お気に入りのパンツを用意する

まとめるとこんな感じです。

 

では詳しく説明していきます。

 

 

トイレトレーニングの開始時期

 

f:id:hokuto07:20191010232436j:plain

2歳になって、たくさんお話が出来るようになって、私の言っていることもだいたい理解してきた感じでした。

 

おしっこ出てない❓と何気なく聞いた時に、「うん、出てるよ。」と言われました。

 

おしっこが出ていることがわかることと、意思疎通がある程度可能なら、トイレトレーニングを始められるかなぁと思い、踏み切りました。

 

ちょうどその時が8月だったので、漏らしても寒くて風邪をひくことがないかな、と言うのも決め手の一つでした。洗濯物が増えるのが嫌ならパンいちでいても大丈夫なので(;^ω^)

 

それが2歳半でした。

 

外れるまでの期間

 

2~3週間でおもらしもなくなり、私がトイレに行くのを声掛けし忘れていても自分でトイレに行くといえるようになりました。おもらしもありません。

 

 

使ったもの

f:id:hokuto07:20191010224727j:image

お気に入りのパンツ(お姉ちゃんパンツと呼んでいます( *´艸`))と補助便座、足台のみです。

 

おまるは使いませんでした。置くのが邪魔だったのと、外でトイレするときはおまるではないので、慣れてもらいたかったからです。

 

f:id:hokuto07:20191010224754j:image

この足台はなぜかうちにあった物です。たしか元旦那の実家の物だったような気が・・・💦

 

足台がないと不安定ですし、うんちの時に踏ん張りがきかなさそうだったので置くようにしました。

 

今では自分で運んで使っています。

 

 

 

 

実際どうやって進めて行ったか

f:id:hokuto07:20191010234205j:plain

お姉ちゃんパンツが大好きな娘。その中でも何枚かお気に入りのものがあって、おむつとパンツを並べて、「どっちがいい?」と聞くと、「お姉ちゃんパンツ!」と選びます。

 

「お姉ちゃんパンツだったら、じぶんでおトイレに行かないといけないけどいいの?」ときくと、「うん、おトイレ行く~」と上機嫌でお姉ちゃんパンツをはきます。

 

ここからスタートです。

 

一度お姉ちゃんパンツを許してしまうと、もうおむつはつけたがらなくなってしまいました。やばい・・・と思いましたが、トイレトレーニングを始めたら、一気にすすめるのがいいと本にも書いてあったので、この時からおむつをはかせなくなりました。

 

朝起きた時、こはん前後、お出かけ前、お昼寝前後、などにトイレに行こうと声掛けしました。素直に行くのは半々くらいでした。

 

トイレに行ってもでなかったり、言った後すぐにもじもじしだしたりとタイミングはなかなか合いませんでしたが、そこは我慢。

 

夢中で遊んでいたり、機嫌が悪く泣いているときにおもらし勃発。怒ってはいけないといろんな本に書いてあったので、ひたすら我慢していましたが、続けてされると怒ってしまうこともありました。

 

人間ですもの、イラっとするときもあるし、仕方ないと思います。あかんなーと反省もしつつ、成功したときはアメリカ人なみに褒めちぎりました。

 

本人も失敗したら、大好きなパンツが汚れたことがショックだったようで、「お姉ちゃんパンツが汚れた~」と号泣していました。「次はトイレに行ってできたら汚れないからトイレに行こうね。」と声掛けすると落ち着いていました。

 

トイレトレーニングの本に、成功したらシールを張ってご褒美をあげる、みたいなのが結構かいてありましたが、そんなのなくてもひたすらほめることが、子供にとっては最大のご褒美だと思います。なので、私はそういったものは一切使わなかったです。

 

家の中に、畳のお部屋が一つあるんですが、そこだけは立ち入り禁止にしました。フローリングなら拭けば終わりなので、まだストレスは少ないと思ったからです。

 

うんちはなかなか自分から言ってはくれなかったのですが、どうみてもうんちしたいんだな、とわかる動きになっていたので、それを見たらトイレに連れていく・・・を繰り返して、何度か成功したら、言えるようになりました。

 

ちなみに娘は、うんちしたいときは急に無口になり、動きが止まって、そのあといきみだすという感じでした。わかりやすい( *´艸`)

 

外出のときは・・・

 

トイレトレーニングをしている中で一番ドキドキしたのは、お出かけするときです。お出かけするからおむつ、という選択肢は私にはなかったので、お出かけする前にトイレをすませて、出るようにしました。

 

外では声掛けを頻繁にするように気を付けたり、トイレがどこにあるか把握しながら歩いたりしていました。幸い、外でのおもらしはありませんでした。

 

外出先でのトイレの場合、便座どうしよう・・・と思っていたのですが、ギリギリ手前に座らせるとなんとか落ちることなく座れます。娘は平均くらいの身長で、87㎝くらいです。

 

外の便座を手で触らせるのに抵抗があったので、体を支えるために、手を握ってトイレをさせました。あまり気にならないのであれば、便座を持ってもらったら不安定もなくなると思います。

 

女の子だったらおすすめはスカートです。ズボンよりスムーズにトイレに座らせることができるので、スカートがとても重宝しました🚽

 

 

 

 

寝る時は・・

 

夜のおもらしは怖いなあ、と思っていたのですが、トイレトレーニングを始める少し前から、朝おむつを交換するとき、濡れていない日が続いていたので、始めた日からパンツで寝てもらいました。

 

一か八か感は否めませんが、参考にしている本にも、夜間おむつが濡れていない日が続いていたら夜も外していいタイミングだと書いてあったので、実践しました。

 

f:id:hokuto07:20191010224906j:image

1番参考にした本です。

 

なので、夜のトイレトレーニングは、おむつが濡れない日が数日続いていたら開始したらいいと思います。

 

 

カリスマ・ベビーシッターの0歳からの子育てルールブック

カリスマ・ベビーシッターの0歳からの子育てルールブック

 

 

失敗談

 

義母に、自分の時は生後5か月くらいでトイレに行って「しー、しー、と言っていたらちゃんと出ていた」と言われたので、5か月になったときに補助便座を買ってトライしました。

 

結果惨敗です。便座に座らせた瞬間号泣。何度かトライしましたが、トイレに入った時点で号泣するようになり、私のストレスも増強してきたので、やめました。

 

今思えば、無駄な努力だったと思います。生後5か月では意思疎通なんて図れないですから。

 

 

最後に

 

めちゃくちゃ大変だ、と思っていたトイレトレーニング。意外にあっさり修了しました。

 

子供の性格にもよるとはおもいますが、意思疎通できることや、出来たら褒めるなどポイントをおさえたら、思っているよりはスムーズに進むのではないかと思っています。

 

おむつが外れたら、おむつ代がなくなって家計も助かります✨

 

これを読んで、いけるかも!と思ったらぜひはじめてみてください。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NO IMAGE
応援してください!