育児のイライラ対処法。思わず怒鳴ってしまう前にできること。

  • 2019年11月23日
  • 2019年12月3日
  • 子育て
  • 21view
  • 0件

ほくとです。よろしくお願いします🍀

子供を相手にしていると、本気でイラっとするときがありますよね。

私は子供が好きな方ではないので、自分の子供でもやっぱり相当イライラするときがあります。

何度かイライラが制限できなくて暴言を吐いてしまったこともあります。後でとっても後悔するんですが・・・。

その時はどうしようもないくらいイライラしているんですよね。

どうしたらイライラがなくなるんでしょうか?悟りを開けたら楽なんだろうな、という気持ちでアンガーマネージメントを勉強しだしました。

なんども繰り返し実践していくと、まだまだですが少しずつ感情が爆発することが減ってきました。

そうすると子供も何となく落ち着くというか、暴れたりいらないことしたりはもちろんしますが、ましになったと思います。

子供に怒鳴ってしまう前に行っている方法を紹介したいと思います。イラっとしたら思い出してくれたら嬉しいです。

イラっとしたときにしてほしいこと

  1. 頭の中で6秒数える。
  2. 全く関係ないことを考える。
  3. 自分の頭の中で自分と会話する。
  4. その場から離れる。

他にもいろいろあるんですが、この4つが一番やりやすい方法なので紹介します。

1.頭の中で6秒数える

AlicjaによるPixabayからの画像

イライラを感じて「もうっ!」となる前に、6秒頭の中で数えます。

目を閉じて、深呼吸して、秒数以外のことは全く考えないで、6秒数えるだけです。

怒りという感情のピークは長くて6秒と言われています。なので、爆発するピークをやり過ごすために6秒数えるんです。

怒りを感じると呼吸が早くなって、心拍数もあがります。ゆっくり深呼吸することで、体も怒りの状態から整えることができます。

2.全く関係ないことを考える

「なんでこんなことするんだろう」とか、「また○○してる」とか、イライラの原因について考えてしまうと、余計に怒りが増幅します。

今まで楽しかったこととか、自分の大好物を食べているときとか、良い感情のことを考えてください。

子供のことでイライラしているときは、子供との良い思い出を考えるのはやめましょう。「あの時はあんなにいい子だったのに・・・」と今あるイライラに戻ってきてしまう恐れがあるからです。

私は何パターンかあらかじめあって、ツーリングに行って楽しんでいるときのことや、大好きな焼肉を食べているときなどを思い出すようにしています。

好きな食べ物のことを考えるとお腹が空いてきちゃうんですけどね(;^ω^)

3.自分の頭の中で自分と会話する

緊張したときとかによくやりませんでしたか?

「大丈夫、私ならできる」とか「観客はみんなじゃがいもだから気にすることないわ!」とか、自分の頭の中で自分に言い聞かしたこと。

そんな感じで、イライラしている自分を自分で落ち着かせるように話しかけるんです。

「大丈夫、なんとかなる」「今、怒鳴らなかった。この調子ならいける」とポジティブな言葉で会話します。

自分に話しかけることによって客観的に自分を見ることができるので、怒りが爆発してしまうことを防ぐことができます。

4.その場から離れる

そうはいっても子供の顔を見るだけでもイラっとする!みたいな時もありますよね。

少なくとも私はあります(;^ω^)

そんな時はその場から退場します。

今私の子供は2歳なので、ある程度意思疎通はできます。「ちょっと頭を冷やしたいから、少し向こうに行ってるね。」というとちゃんと通じます。

あんまり待てないので、数分もっていいところなんですが・・・。

それでもその場からいったん離れることによって気持ちの切り替えができます。

お家の中なら、お気に入りの紅茶を飲んだり、体操をして体を動かしてみるのもいいです。

離れているときはイライラの原因については考えないようにしてください。ここでも深呼吸して呼吸を整えて体に酸素をいっぱい送ってあげてください。

それだけでも少し落ち着いてきますよ。

まとめ:爆発すると子供もお母さんもダメージを受けます

怒りに任せて暴言を吐いてしまったり、たたいてしまったりすると子供はもちろん傷つきますが、言った方も後悔することが多いのではないでしょうか。

「また大きな声で怒鳴ってしまった」「また叩いてしまった」と落ち込んでまた同じことをして落ち込んで・・・とどんどん悪い方へ気持ちも向いていきます。

怒りをコントロールする方法はたくさんあるんですが、まずは瞬間的な爆発がなくなれば、後は落ち着いて対応できることもあると思います。

自分と子供の心の健康のためにも、イライラの対処法を知っていることは必要です。

この方法を試して、1回でもイライラを爆発させないで子供と接することができたら嬉しいです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログの感想や意見など、どんなことでもいいのでコメントいただけると嬉しいです。もちろんお問い合わせでもいいです🍀